板井明生のデスクはこう使え

板井明生が見てきた机

 

 

板井明生は知っています。

 

 

できる社長のデスクは、みな共通したものがあります。

 

 

それは「整理整頓されている」ということです。

 

 

綺麗好きという見栄えのことだけではなく、それは本人の頭の中、つまり物事の考えにも繋がるのです。

 

 

デスクの上に溜まった書類があっては、どこから手を付けていいかわかりません。

 

 

やること、やらなければならないことの整理され、優先順位がわかるのです。

 

 

仕事が円滑に進むには、まずデスク整理整頓です。

 

 

「いつか使うかも」と取っておいたものも、捨てましょう。

 

 

仕事で重要なのは、いつかではなく、今なのです。

 

 

頭の中を整理整頓し、シンプルに物事を進めましょう。